Web予約

巻き爪 日帰り手術

巻き爪と陥入爪

「巻き爪」と言われると、爪が丸まった状態など、なんとなく想像がつくと思いますが、「陥入爪」と言われてピンとくる方は少ないのではないでしょうか。
巻き爪と陥入爪は医学的には明確に区別されています。陥入爪は爪の側縁が皮膚に刺さり炎症を起こす状態です。巻き爪の結果、爪が皮膚に刺さり陥入爪となることが多くあります。巻き爪の治療が結果として陥入爪の予防につながります。
巻き爪は主に「間違った爪切り」や「指への過剰な力」「指に力がかからない」などが原因で起こります。例えば外反母趾・足の形に合わない靴の着用などです。
治療には保存治療と手術があります。前者には爪の切り方や靴の選択、テーピング法、弾性ワイヤー法などがあります。後者は様々な術式があります。 加えて陥入爪の場合は爪に刺さっている部分の爪を抜爪するのも有効です。ただし治療効果は高いが、再発するという報告もあります。 当クリニックでは、爪母温存爪甲側縁楔状切除術という負担の少ない術式を適応症例に対して積極的に行い、疼痛の緩和を目指しています。
高度な巻き爪は、足の先端の骨の変形を伴うことが多くあります。この場合、保存療法は一時的な症状緩和であり、時間が経つと再発してしまいます。 当クリニックでは、希望者には骨の治療を伴う手術による治療も行っています。手術直後の痛みや処置などはありますが、それまでの痛みへの効果はとれも高く、短い治療期間ですみ、そしてなにより根治的治療であるメリットがあります。

足の指の先端の骨が凸に飛び出している。
足の指の先端が凸になっているため、巻き爪となっている。
強い痛みを伴うケースがある。

巻き爪でお困りの方は、どの病院がいいのか、病院の中でも何科を受診すればいいのかわかりにくい現状であると思います。例えば皮膚科の中でも施設によって可能な治療方法は異なります。 名取市内の方はもちろん、仙台市太白区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市泉区、岩沼市などはお近くですので、巻き爪・陥入爪でお困りの方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。その他の地域の方でも予約システムもございますので、どうぞご利用ください。

治療方法

テーピング法

テーピング法

テーピング法は軽症例が対象です。本処置で改善しない場合は、速やかに他の治療方法に切り替える必要があります。
副作用(リスク)はとくにございません。
本処置は予約なしで受診していただければ、当日に処置いたします。ご自宅で継続できるように丁寧に指導もいたしますので、ご安心ください。

爪母温存爪甲側縁楔状切除術

爪母温存爪甲側縁楔状切除術は難治性の陥入爪に対する治療方法です。原因を取り除く(皮膚に食い込んでいる爪を切除・抜去する)ため、痛みの急速な改善など即効性があります。
副作用(リスク)としては、痛み、出血などございますが、数日で治まることがほとんどです。再発することがある、などの点で賛否がありますが、私は有用な方法だと思っております。
本治療も予約なしで受診していただければ、当日に処置いたします。
名取市内の方はもちろん、仙台市太白区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市泉区、岩沼市などにお住まいの方で、陥入爪でお悩みの方は是非ご相談ください。その他の地域の方でも予約システムもございますので、どうぞご利用ください。

症例1
症例2

巻き爪の完治手術

巻き爪の原因として末節骨の変形は実際には数多くあります。弾性ワイヤー法による治療では一時的改善は得られますが、ほとんど再発します。フェノール法による治療では悪化することもございます。
当クリニックで実施している、骨の治療を伴う手術による治療は巻き爪の完治治療となります。皮膚を切開して、骨の凸部を取り除く治療です。
副作用(リスク)としては、痛み、出血などがございます。術後、実際にどのような爪が生えてくるか、術前には想定できないという点は患者様にご不安を与えてしまうかと思います。
初診時に手術日のご予約をお取りいただき、別日での手術になります。
名取市内の方はもちろん、仙台市太白区、仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市泉区、岩沼市などはお近くですので、巻き爪・陥入爪でお悩みの方は是非ご相談ください。その他の地域の方でも予約システムもございますので、どうぞご利用ください。

症例1
症例2

負担の少ない予約→受診→手術の流れ

診療日に直接ご来院いただくことも可能ですが、ご希望の日時をWEB予約していただくこともできます。 予約日には診察・検査を行った上で手術日を決定いたします。手術日は手術患者さまのみの完全予約制で、お待ちいただくことなく手術を受けられます。 術後にお休みいただく個室も用意しておりますので、すぐお帰りいただかずお休みになっていただくこともできます。

予約

ご希望の日時に予約(WEB予約)をとります。ご希望日の1か月前から予約可能です。

予約日
  1. 1.問診

    まずは、痛みの有無や気になる点など、お聞きします。

  2. 2.視診・触診

    実際に巻き爪や陥入爪を観察したり、触ってみたりすることで、情報を得ます。

  3. 3.レントゲン撮影

    末節骨の変形を疑う場合は、レントゲン撮影を行います。

  4. 4.術前検査

    採血、胸部レントゲン、心電図検査を行い、手術が安全に行えるか、確認いたします(問題がある場合は、後日連絡いたします)。

  5. 5.手術の日程調整

    可能な限り患者さまのご都合に合わせて予約日を調整します。

  6. 6.手術説明

    医学用語もできる限り平易な言葉に言い換え、わかりやすい説明を心がけております。
    わかりにくい点、気になる点は、是非ご質問ください。

手術当日
  1. 7.手術

    手術は水曜日午後に行っております。
    患者さまが安心して手術を受けられるように、声がけを心がけております。
    痛みが極力少ないように、細い針で局所麻酔いたします。
    手術の内容にもよりますが、15~30分程度で終わります。
    術後に痛み止めや化膿止めの飲み薬を処方いたしますので、ご心配いりません。

術後翌日(あるいは翌々日)
  1. 8.術後の再診

    翌日(あるいは翌々日)、創部の状態を診察させていただきます。

約1週間後
  1. 9.抜糸

    約1週間後、糸を半分抜糸いたします。

約2週間後
  1. 10. 全抜糸

    約2週間後、残りの糸を抜糸いたします。

よくあるご質問

Q:手術は痛いですか?

手術前に神経ブロック麻酔の注射を行います(髪の毛ほどの細い針を用います)。
もしも手術中に痛みがあれば、麻酔を追加しますので、ご安心ください。

Q:手術後は痛みますか?

数日間、軽い痛みが出ることはございますが、痛み止めの飲み薬(手術日に処方いたします)をお飲みいただければよくなることがほとんどです。

Q:手術後、歩いて帰宅できますか?

両足の親指を手術する場合でも、片足ずつ手術するため、歩いて帰宅できます。

Q:手術当日は車で行ってもいいですか?

1時間圏内の距離まででしたら問題ない場合がほとんどですが、個人差がございます。ご心配な方は、ご家族に送迎していただくか、公共機関・タクシーなどをご利用ください。

Q:手術のあと、抜糸まではどのように過ごしたらいいですか?

基本的には、翌日(あるいは翌々日)、創部の状態を診察させていただいた後はシャワーが可能です。飲酒は手術日夜のみお控えください。
創部の状態によって、次回予約日までご自宅で処置をしていただくこともございます(毎日当クリニックに通院して処置を行うことも可能です)。

Q:初診日に手術を受けることはできますか?

テーピング法:初診日に処置可能です。
爪母温存爪甲側縁楔状切除術:初診日に処置可能です。
巻き爪の完治手術:初診日には検査や手術内容の説明、手術日の決定までを行い、別日に手術を行います。

診療内容

  • 皮膚科

    皮膚科

    赤ちゃんからご高齢の方まで、湿疹や水虫(足白癬)などの内科的な皮膚疾患、皮膚腫瘍などの外科的な皮膚疾患、病理検査などの基礎医学的な皮膚科領域、すべてに対応しております。

  • 内科

    内科

    どんな症状や病気でも、地域のホームドクターとして気軽にご相談ください。言葉で伝えにくい体の不調や苦しさ、気持ちを理解できるよう寄り添った診療を目指しています。

  • アレルギー科

    アレルギー科

    アレルギー疾患は、様々な診療科の疾患が合併するのが特徴です。私は名取市で唯一のアレルギー専門医ですので(2021年1月現在)、お気軽にアレルギー全般についてご相談ください。

  • 下肢静脈瘤 日帰り手術

    下肢静脈瘤 日帰り手術

    宮城県(名取市、仙台市、岩沼市など)のクリニックで唯一下肢静脈瘤血管内焼灼術の日帰り手術をしております。下肢静脈瘤でお悩みの方は是非ご相談ください。

  • 皮膚 日帰り手術

    皮膚 日帰り手術

    頭のてっぺんから足のつま先まで、皮膚のできものでお悩みの方はお気軽にご相談ください。多くのできものは日帰り手術で取ることができます。

  • 巻き爪 日帰り手術

    巻き爪 日帰り手術

    巻き爪・陥入爪でお困りの方は、どの病院がいいのか、何科を受診すればいいのかわかりにくい現状であると思います。お困りの方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。